食べ物をイメージする男性のイラスト

痛風になってしまったら?

痛風の激しい痛みが出てきてしまったらどうしたらいいのでしょう?ベストは病院です。自己判断や放置は非常に危険な病気です。きちんと診断を受けてこれからの対策の指示を仰ぎましょう。

ザイロックがお供します。

もしも痛風になってしまったら、薬の服用は一生続けていかなければならないと思ったほうがよいでしょう。そうなった時に一生付き添ってくれるのが『尿酸生成抑制薬』の『ザイロック』です。

痛風予防で健康になろう

痛風は厄介な病気なのでならないのが一番です。痛風予防を考えてみたら、生活習慣の見直しがやはり大切だということです。この機会に生活習慣を見直して痛風も生活習慣病も予防して健康的になりましょう。

あなただって痛風に…

『風がふいても痛い』と言われるほどの激しい痛みが出てくるという『痛風』。
痛みは目にも見えずはかることも難しいので、症状を知らない人にしてみればついつい「そんな大げさな!」と言ってしまいそうになりますが、本当に辛く激しい痛みだそうです。主に痛みが出るのは下肢の関節。足の付け根や足首、足の指などに激しい痛みが起きます。
しかも厄介なのは、一度発症してしまうと、その後ずっと付き合っていかなくてはならない病気だということです。
ならないに越したことのない病気ですから、痛風について知らないという方は、ぜひこれを機会に痛風のことを知って、なってしまわないように生活習慣を見直してみてください。

血液中にある尿酸が結晶化したものが、下肢の関節に留まって痛みを引き起こす、痛風。
尿酸は誰の体内にもあるものですが、作られすぎたり、うまく排出されなかったりして体内に溜まってしまうことがあります。

この病気は意外とあなたの近くにも潜んでいるかもしれませんよ。例えば女性などです。
男性に多いイメージのある痛風ですが、最近では若い方や女性の患者さんも増えてきているようです。
女性の方が女性ホルモンの作用により尿酸などを排出する仕組みがあり、男性よりももともとの尿酸値が低いので、かかりにくいというだけで、条件が重なれば発祥する可能性は十分にあるということです。

そして痛風の原因も誤解されがちですが、決して贅沢病というだけではないのです。もちろん肉の食べ過ぎやお酒の呑みすぎは大きな要因ですが、それを含めた食生活の乱れ、そして過剰な運動やストレスも要因のひとつなのです。
決して珍しい病気ではないのですから、「自分は大丈夫!」と高をくくらず気をつけていて損はない病気ということです。

少しでも心配になってきたあなたは、健康診断等の血液検査の『尿酸値』の値を見てみましょう。7.0mg/dLを超えていればかなり危険です。