食べ物をイメージする男性のイラスト

ザイロックがお供します。

『痛風』とは厄介な病気で、一度発作が起きてしまったら、発作の痛みを和らげるため、発作が起きないようにするためにたくさんの薬を服用しなくてはいけなくなります。
鎮痛薬を服用してその痛みがひいたとしても、尿酸値を下げるための薬をずっと服用し続けなければなりません。
面倒だからと、薬の服用をやめてしまうとたちまちその恐ろしい痛みが再発するのだとか…。

服用を続けなくてはならない薬は、主に尿酸値を下げるための薬です。
尿酸の生成を抑制する『尿酸生成抑制薬』の代表的なものは『ザイロック』です。
そして尿酸の排泄を促進する『尿酸排泄促進薬』の『ベンズブロマノン』や『プロベネシド』です。
痛風発作時には服用すると逆に尿酸値をあげてしまうことがあるようなので、服用するタイミングなど服用方法などについては注意が必要ですし、やはり初めの診断や薬の処方は病院で受けるのがいいと思います。
しかし、この先長く痛風と付き合っていかなければならないのであれば、何度も通院をしなくてはいけなかったり、薬の費用など、その負担はできるだけ小さくしたいと思いますよね。

そんな願いに応えられるのが、薬を海外輸入で手に入れるという方法です。
尿酸生成抑制薬のザイロックとは『アロプリノール』のジェネリック薬品です。
ザイロック自体も購入可能ですが、視野を広げてアロプリノールのジェネリック薬品であれば同様の効果があるので、それを探してみるのもいいかもしれませんね。